セキスイハイム デメリット

セキスイハイムのデメリットとカスタマイズ性

セキスイハイムは、様々なメリットはある住宅です。太陽光発電に地震に対する強さなどと、それなりにメリットは高く評価されています。
逆に、セキスイハイムにはデメリットもあるのです。人それぞれデメリットに関する意見も異なりますが、総じてカスタマイズ性に関する要素が目立ちます。

 

 

 

 

例えば、屋根に関する事柄です。人によっては、屋根に対してある程度の傾きを求める場合があります。様々な規制の問題がありますから、それなりに傾きを付けたいと思う事もしばしばある訳です。

 

 

 

 

ところがセキスイハイムは、そういった傾きに関する自由度が低めな一面があります。様々な要素が関係してきて、どうしても傾きが限られるケースがある訳です。したがって屋根の傾きにこだわりがある方々には、やや不向きな一面があります。

 

 

 

 

他にもあります。窓に関する要素もあるのです。窓自体は設置できますが、場所が限られるデメリットがあります。
そもそも住宅物件に対しては、やはり採光性は求められる事は間違いありません。それだけに、所定の箇所に対して窓を設置したいと思う事もあるでしょう。

 

 

 

 

ところがセキスイハイムによる住宅の場合は、一部の箇所に対する窓設置が難しい場合があります。壁に関する問題などが色々あって、なかなか希望の箇所に窓が設置できない場合があります。窓を設置する箇所は、それなりに限られてくるでしょう。

 

 

 

 

それと見た目に関する問題があります。やはり客観的な印象は大切ですから、住宅の見栄えを上手く整えたいと思う事はあるでしょう。それで何とかカスタマイズしようと思うケースも、しばしばあります。

 

 

 

 

それでセキスイハイムでは、デザインに関するカスタマイズが限定される事もあるのです。柱や天井などの問題があり、なかなかおしゃれな住宅にする事が難しい場合があります。

 

 

 

 

このようにカスタマイズ性に関して若干の難がある点は、セキスイハイムのデメリットと言えます。住宅の改造度を求める方々にとっては、やや不向きな一面はあるでしょう。